長年売れ続けているメンズサプリかどうか

何を基準にメンズサプリを選べばいいか

メンズサプリといっても実にたくさんの商品あります。

メンズサプリを使ったことがないという人や使ったことはあるけど、何の効果も感じられなかったという人は何を基準にメンズサプリを選べばいいのかわかないのではないでしょうか。

ここでは、メンズサプリ選びの基準を解説していきたいと思います。

まずタイプをチェックする!

メンズサプリ選びでまず最初にチェックするべき点は、カプセルタイプなのかタブレットタイプなのかという点です。

個数でタイプを分類すると1粒タイプだったり、2粒だったりというタイプがあります。

形状はカプセルの中に粉末の成分が詰まっているカプセルタイプとタブレットに凝縮したタブレットタイプがあります。

個数のタイプの分類は一粒にすべての成分を凝縮しているものだったり、2,3粒に動物性の成分と植物性の成分がわけられて配合されている複数タイプのものがあります。

メンズサプリでどちらがいいとはいえませんが、カプセルタイプの方が弱冠高いといわれています。

カプセルタイプのメンズサプリの中にはカプセルに配合されている成分は貢献が期待できる成分だけとなっています。

ですが、一方でタブレットタイプのメンズサプリは、ももちろん配合されていますが、タブレットに固めるための凝固剤なども入ってしまっているのです。

男の自信を目的としたときに無駄な成分が配合されていると言うことになります。

一粒あたりに換算すると成分の違いは数ミリグラムかもしれませんが、長く飲み続けていったときに大きな差になります。

次に単体の粒なのか複数の粒なのかの違いですが、基本的に一粒タイプの方が期待できるといわれています。

一粒などの単体タイプのものは飲み方次第で摂取しきれずに無駄にせずに体内に吸収することができるのです。

上記のことからわかる、一番期待できるメンズサプリのタイプは一粒でカプセルタイプだといえるでしょう。

メンズサプリの成分を比較する

メンズサプリ選びの際にチェックするべきポイントは成分だと思います。

成分を見るときは、配合成分の種類と一つ一つの配合量もチェックしましょう。

配合量は一つ当たりの配合成分が何ミリグラム配合されているかということもチェックしましょう。

なので、メンズサプリを選ぶ時はまずシトルリンがどれくらい配合されているかをチェックしましょう。

次に成分の配合種類です。これは、数が多ければ多いほどいいというわけではありません。一粒当たり何ミリグラムでその中に何種類の配合成分が入っているかという点が大切です。

例えば、日本で売れていて長年売れ続けているメンズサプリを見てみると、50種類くらいの成分数を誇っているサプリが多いです。

なので、メンズサプリに発揮しやすい絶妙な配合種類というのは50種類くらいだということです。

メンズサプリは口コミをチェックしよう!

メンズサプリを選ぼうと思ったらツイッターなどのSNSをつかって利用者の口コミをチェックすることが大切です。

例えば、ツイッターやフェイスブックなどでメンズサプリの商品名で検索してみるといろいろな情報がヒットします。

ある程度のツイートをみていって、広告ばかりだったら、そのサプリは使っている人がいないということです。

逆にレビューや体験談など実際に使っている人のつぶやきがあれば、実際に人気があって、売れているサプリということがわかります。

もちろん個人のツイートが本当に個人のツイートなのかを見分ける力が必要になってきますが、いろいろなツイートをみていくと自然とそういう目が養われるものです。

ですが、これは昔から売れているサプリの口コミがチェックできるだけであって、発売してから日が浅いものはこの手法は使えないでしょう。

特にメンズサプリというのは、実際に2,3ヶ月くらいかかるものです。

であるにもかかわらず、すぐにツイートに結果が出た!みたいなツイートがあればそれは業者がステマをしているといってもいいでしょう。

上記のように、いろいろな視点からサプリ選びをすることにより、本当に高いサプリを選ぶことができるようになるでしょう。

メンズサプリ業界に精通していて、どういう観点から選べばいいのか熟知している人は簡単にサプリを選ぶことができると思いますが、初めて購入する人などは選ぶのに一苦労すると思います。

なので、当サイトでは上記の基準をベースにトップページにメンズサプリをランキングにしているのでぜひ参考にしてください!

メンズサプリ選びで大切なこととは

アマゾンや楽天などの大手ショッピングモールにあるメンズサプリもあれば、公式サイトでしか販売されていないメンズサプリもあります。

また他にも、日本人向けに成分設計されていない海外産のメンズサプリなどもたくさん販売されています。

ネット上で販売されているメンズサプリなどはものすごい数になるので、一体何が何を使えばいいのか、持続力が欲しい人は何を選べばいいのかというのがまったくわかりにくくなっています。

なので、まずはメンズサプリのランキングを見る前に選び方についていろいろな角度から見ていきましょう!

キャッチコピーに惑わされない

メンズサプリの公式サイトなどを見てみると、たった1週間で10cmアップした!みたいなキャッチコピーが踊っているところもあります。

成分を贅沢に何種類も配合しているメンズサプリも中にはありますが、たとえそれを使ったとしても数日で5センチや10センチもアップするなんてことはありえません。

おおげさなキャッチコピーや増大効果をうたっている公式サイトなどは、悪徳サイトであることがあるので、そういうサプリを使うのを辞めておきましょう。

信頼性の高い口コミを見る

インターネットでメンズサプリの体験談などを検索してみると、いろいろな商品の体験談を投稿しているブログなどがあります。

メンズサプリなどをたくさん使っていて、そのときの効果を勃起力が上がったとか、精力が強くなったとか、書いてありますが正直何が本当で何が嘘なのかわかりません。

主要な成分

メンズサプリや精力剤にはシトルリンやアルギニンなどの定番成分はほぼすべてといっていいほど配合されています。

だから、これらの成分がどれくらいの配合量が含まれているのかを確認しておきましょう。配合されているのが当たり前なのですから、次は量が重視されます。

何年にもわたって売れ続けているメンズサプリを選択する

品質の悪いサプリであってもマーケティングに大金をかければヒットを飛ばすこともできますが、今のネット時代ではすぐに悪評が広がってしまって売れなくなってしまいます。

リピーターもたくさんいるようなメンズサプリは広告やキャッチコピーの派手さに関係なく長年売れ続けているので、そういうメンズサプリは信憑性が高いといえるでしょう。

キャンペーンがあるかどうか

メンズサプリでキャンペーンをつけている商品は数多くありますが、ですがあまり意味がないような男の自信グッズをもらっても割引きなどをしてくれと思ってしまいますよね。

まとめ買いで半額になったり、1ヶ月分が無料で付いてきたり、2ヶ月分が無料で付いてきたりというサービスをやっている商品の方がおすすめです!

国内のGMP認定工場で生産されているかどうか

メンズサプリを選ぶ時の基本的な条件としては国内の工場で生産されているかどうかをチェックしましょう。

メンズサプリは医薬品ではなく、サプリという立ち位置なので衛生基準や製造工程の管理が行き届いている環境で製造されているかどうかが大切なのです。

国内の工場であればサプリメントとしての販売が許可されていなければ公式サイトで購入することはできません。

ですので、日本国内の製造工場で製造されているということだけでも安全性がとてもたかく品質も高いということがいえます。

もう一つのGMP認定工場というのは製造工程から衛生管理などが行き届いている環境で生産されている安全性の高いサプリと言うことがいえます。

きちんとしたクオリティーのものを安定的に供給するシステムが稼働していなければGMP認定の工場ということにはなりません。

すなわち、GMP認定工場で生産されているメンズサプリというのは、審査基準をクリアしたものだけを供給することにもつながっています。

このどちらかの要素がメンズサプリにあれば、安全性が高くて品質も高い使い続けても問題ないサプリと言うことがいえるでしょう。

逆に、GMP認定工場で作られていたり、国内の工場で作られていないサプリというのは安全性が低いと思うので使うのをやめておきましょう。

メンズサプリは安心して使えるものなので、どういう生産工程をへているかがとても大切なのです。

数ヶ月続けても安いかどうか

メンズサプリの始めるというのが、1、2ヶ月と言われています。

つまり、長く見積もっても3ヶ月くらいは使い続けて変化を見る必要があるということです。

ですが、メンズサプリを3ヶ月以上継続するにはお金の面で心配ですよね。

なので、3ヶ月以上続けても費用的に耐えられるかどうかを最初に購入する前に考えておきましょう。

数ヶ月以上購入すると1ヶ月分が無料になったり半額になったりというサプリもあるのでそういうサプリを使いましょう。

ほとんどのサプリは1ヶ月単位でうられていますが、もっと続けて購入する人のために価格設定をしているところもあります。

あまりにも価格が安すぎるものだったりしないためにもいろいろなサプリの価格を比較してみましょう。

業界平均価格のメンズサプリの価格をしっておけば、優良なサプリを選ぶことができるでしょう。